scrutinizerCIを使って継続的インテグレーションと静的解析


solution scrutinizerCI

 悩み事

Laravelプロジェクトを静的解析と継続的インテグレーション、コードカバレッジも取得したい

 解決方法

ソースコードの静的解析に定評のあるscrutinizerCIを利用してみましょう
scrutinizer CI
GitHub、またはBitbucketを利用していれば、どなたでも利用できます
いずれかのアカウントをお持ちであれば、
そのアカウントを使ってscrutinizerCIをログインをして、
利用したいリポジトリを選択するだけです
次にそれぞれの機能を利用するには、
リポジトリに.scrutinizer.ymlを設置する必要がありますが、
webブラウザ上から設定する事も出来ます

静的解析自体はすぐに利用できますので、まずは自身のプロジェクトで利用してみましょう!

リポジトリ登録後に、解析が始まります

このサイトを解析すると次の様な結果となりました

Result1
Result2
コードの解析結果一覧や、
問題のあるコードや、バグ発生の可能性があるコードを解析して通知してくれます

必要に応じて利用したい機能をymlファイルで指定します

tools:
  external_code_coverage: true
  checks:
    php:
      code_rating: true
      duplication: true

様々な機能が用意されており、publicなリポジトリは無料で利用する事が出来ますので、
自身のサービス改善、または品質向上に役立ててみてはいかがでしょうか?

 アドバイス

githubなどで利用できるバッジもあります
パッケージなどの品質表示として利用してみましょう!


Author:Yuuki Takezawa