ミドルウェア(HttpKernel)を登録する


middleware

 悩み事

ローレベルで、リクエストやレスポンスを独自に変更したい

before filtersまたはafter filtersを学習してある事が前提ですが、
これらはローレベルで有りながらもアプリケーションでグローバルに作用します

 解決方法

App::middleware()メソッドを利用します

まず、ミドルウェアクラス MyApp\Middleware として、クラスを登録します

\App::middleware('MyApp\Middleware');

MyApp\Middlewareクラスはアプリケーション内に設置してなければいけません

登録するクラスのコンストラクタで引数が必要な場合は、
次の様に指定する事ができます

// 引数が1つ
\App::middleware('MyApp\Middleware', [$arg1]);

// 引数が2つ以上
\App::middleware('MyApp\Middleware', [$arg1, $arg2]);

 アドバイス

ミドルウェアの処理が実行される場所を知るのは、重要なポイントの一つです

リクエストのライフサイクルについて理解する を参考にしてください

ミドルウェアに関連するレシピは下記のものです:


Author:Chuck Heintzelman

Editor and Translator:Yuuki Takezawa