404エラーを登録する


 悩み事

404エラーを任意のものに変更したい

 解決方法

App::missing()メソッドを利用します

一般的な設置場所はapp/start/global.phpですが、
早期に実行される場所であればどこにでも設置出来ます
サービスプロバイダなどでも構いません

App::missing(function($exception) {
    // not-found.blade.phpなどを使って任意のメッセージを表示したりします
    return View::make('not-found')->withMessage($exception->getMessage());
});

 アドバイス

処理が終了するとResponseを返却します

適切にハンドラなどを設置していない場合は、
アクセスしたユーザーなどにそのままエラーを返却します
Laravelのエラー画面などがそのまま表示される事になる場合もありますので、
適切に処理を記述しましょう

場合によっては、ここでエラー内容をログとして出力して、
他のハンドラで処理をする等、色々なパターンで利用出来ます
要望にあった内容で実装してみてください


Author:Chuck Heintzelman

Editor and Translator:Yuuki Takezawa