入力フィールドを作成する


forms

 悩み事

入力フィールドを作成したい

直接HTMLタグを記述する代わりに、LaravelのFormファサードを利用してみましょう

 解決方法

Form::input()メソッドを利用します

このメソッドは4つの引数が利用できます:

  1. $type - (必須) 最初の引数は入力タイプを指定します "text", "password", "file"などの値です
  2. $name - (必須) 第二引数はフィールド名です
  3. $value - (オプション) 第三引数は入力フィールドの値を指定します
  4. $options - (オプション) 第四引数は、追加したいフィールド属性を配列で指定します "id", "size" または "class"等を指定します

通常はBladeテンプレートで利用されます

{{Form::input('text', 'name')}}
{{Form::input('email', 'email_address', null, ['class' => 'emailfld'])}}

 アドバイス

希望するフィールドのタイプを指定して作成しますが、
Form::input()を利用する代わりに下記のメソッドも直接利用する事が出来ます

Model binding

フォームモデルを利用して入力値をオーバーライドする方法については、
モデルをベースにしたフォームを作成する レシピをご覧ください


Author:Chuck Heintzelman

Editor and Translator:Yuuki Takezawa