メンテナンスモードのハンドラを登録する


 悩み事

アプリケーションがダウンしているときに、自動的に何かを実行したい

App::isDownForMaintenance()メソッドを利用出来ますが、
それをメンテナンス時に適切に実行出来る様なアプリケーションにします

 解決方法

App::down()でハンドラを登録します

\App::down(function() {
    return \Response::view('maintenance.mode', array(), 503);
});

この少しのコードで、maintenance.modeビューと共に、
HTTPステータスコードの503を出力します

 アドバイス

アプリケーションがロードされて、起動した後に
登録したダウンハンドラがあれば、最初に実行します

リクエストのライフサイクルについて理解する実行手順を見れば、
発生する場面を理解する事ができます

またアプリケーションの停止がメンテナンスが理由で停止しているのか判定するも見てみるといいでしょう


Author:Chuck Heintzelman

Editor and Translator:Yuuki Takezawa