認証のドライバーを変更する


authentication configuration

 悩み事

LaravelのAuth機能でEloquentドライバー以外のものを利用したい

 解決方法

認証のドライバを database に変更する事が出来ます

app/config/auth.phpのドライバー項目を変更してみましょう

'driver' => 'database',

アプリケーションで、認証関連で利用したいテーブルが、Laravelデフォルトの、
users ではない場合は、環境に合わせて変更する必要があります

認証で利用するテーブルを変更するを参考にして下さい

 アドバイス

Laravelで、デフォルトで用意されているドライバは二種類です

Eloquentdatabase の二種のうちどれかを利用する事が出来ますが、
これ以外にもユーザーの環境に合わせて独自のドライバを追加する事ができます

具体的には、認証管理などをAPIで行っている場合や、mongodbを利用している場合などです
ドライバの詳細については、独自の認証ドライバーを利用する に記載されています


Author:Chuck Heintzelman

Editor and Translator:Yuuki Takezawa